家賃保証による、安定した家賃収入

住居やテナント入居者に家賃滞納が発生しまった場合、
管理会社が行う一般的な対応は、どのようなものになるのでしょう?

実際に現場での動きは概ね下記のようになると思います。

  1. 契約者に電話連絡を入れる。
  2. 不通または回答が得られないない場合、勤務先へも連絡を入れる。
  3. 契約者の居室や物件に滞納状況の説明文を投函または送付する。
  4. 本人と話ができない、または話ができても家賃の入金の確認が取れない場合、1.と同様に連帯保証人に連絡を入れ、~3までの対応を行う。

内容や順序は変わるかもしれませんが、
概ね家賃滞納の対応の基本となるのはこのような流れだと思います。

では契約者や連帯保証人と連絡が取れない場合どのようになるかといえば、
直接契約者の居室や物件へ(昼休み夕方など在宅中と思われる時間帯を想定して)訪問する形になります。
管理会社では、実際このような対応が行われています。

当社の管理・家賃保証システムでは、日々の煩わしい胃の痛くなるような対応の
必要がなくなり、安定した収入が実現します!

弊社は家賃保証にて管理、煩わしい対応は必要ありません。

滞納者に前述のような一般的な対応を行った場合、最終的には滞納が重み、強制退去通知という結果になります。

結果的に物件の明渡し訴訟に至ります。
※平均4ヶ月間の期間を要すると言われます。

結果、明渡しまで4ヶ月間ものあいだ家賃が入金がなされないばかりか、残債、残置物を残し退去というケースが起こります。

弊社は家賃保証にて管理を行っておりますので、上記のような煩わしい対応は必要ありません。

年間管理受託計画

inquiry/”/> ホームへ戻る